【2022年度試験はいつ? 】J.S.A.ワイン検定ブロンズクラス合格のコツ

いちご

こんにちは、ソムリエのいちごです。

「ワインの勉強をしたいけど、ソムリエ試験はちょっとハードルが高い。」

そんな人には日本ソムリエ協会が主催する「ワイン検定 ブロンズクラス」がおすすめです。

ワイン検定は北海道から沖縄までさまざまな場所で試験が開催されています。

ワイン検定に合格すると

  • ワインは白と赤しかわからなかったのが、ぶどう品種を知ることができる。
  • これまでラベルを見て買っていたワインが、どんな香りや味か想像できるようになる。
  • 食事に合ったワインを気にするようになる。

とてもベーシックな内容なので挑戦してみませんか。

この記事は以下の内容をお伝えします。

  • ワイン検定ってなに?
  • 2022年度のワイン検定の日程
  • ワイン検定の申し込み方法
  • ブロンズに合格するために準備すること
  • 試験当日の流れ
好きなところから読める目次

ワイン検定とは

ワイン検定は日本ソムリエ協会が主催する検定で、ブロンズクラスシルバークラスの2つがあります。

ブロンズクラスシルバークラス
入門編。おうちで楽しくワインを飲む知識を得る。ブロンズクラスに合格できたら、シルバークラスを受験できる。ブロンズクラスのステップアップ編。レストランやワインショップで自分で好みのワインを選べるくらいの知識を習得。
出典:J.S.A.
いちご

ブロンズはとてもベーシックな内容なので、誰でも合格のチャンスがありますよ!

2022年度のワイン検定はいつ?

受付期間

ブロンズクラスシルバークラス
①2022年1月17日(月)〜 2月15日(火)①2022年9月27日(火)〜 10月27日(木)
②2022年7月15日(金)〜 8月14日(日)
ピノきち

2022年度はブロンズクラスが2回、シルバークラスは1回予定されています。

試験の日程

ブロンズクラスシルバークラス
2022年3月12日(土)・3月13日(日)・3月14日(月)2022年11年24日(木)・11月26日(土)・11月27日(日)
2022年9月9日(金)・9月10月(土)・9月11日(日)
出典:J.S.A.
ブロンズクラス

14:20~15:50  講習会(90分)
15:50~16:00  休憩
16:00~16:40  検定試験(テキスト記載事項より出題)

シルバークラス

14:10~16:10  講習会(120分)
16:10~16:20  休憩
16:20~17:00  検定試験(テキスト記載事項より出題)

ブロンズクラス、シルバークラス共にワインテイスティングはありません。

講習会及び検定試験は「J.S.A.ワインエキスパート」が担当します。

受験資格

ブロンズクラスシルバークラス
検定日において20歳以上の方J.S.A.ワイン検定ブロンズクラス認定者
出典:J.S.A.

受験料

ブロンズクラスシルバークラス
11000円(テキスト代含む)15000円(テキスト代含む)
※テキストをお持ちの方は9020円※テキストをお持ちの方は11700円

申し込み方法

日本ソムリエ協会のサイトから申し込みできます。

サイトにいき、希望の会場と開催日を選択すると下の方にこのような画面が出てきます。

ピノきち

地域によっては会場がたくさん出てきますが、好きな場所をどこを選んでもOKです。

スマホで見た画面

パソコンで見た画面

初めてブロンズを受験する方は「新規お申し込みの方」をクリックします。

そのあと個人情報の入力をします。

日本ソムリエ協会HPより

そのあと、クレジットカードで入金し申し込み完了です。

ブロンズ合格までのステップ

テキストが届く

受験申し込み後1週間から10日すると、申し込みのときに登録した住所にテキストが郵送されます。

A4サイズで50ページほどの冊子です。

試験勉強

テキストを基に試験の準備をします。

テストに必要な知識
(青字をタップすると詳しいページにジャンプします)

お知らせが届く

申し込んだ会場を担当するワインエキスパートの方から出題範囲や当日の持ち物などについて

お知らせがメールで届きます。

いちご

メールに「テキストにある代表的なブドウ品種8種だけでなく、覚えておきたいブドウ品種20種からの出題もあります。」と事前に教えてくれました。

試験当日の流れと試験の形式

試験会場に行き、まずは講習を受けます。

講師がポイントとなるところを解説してくれます。

テストに出そうなところはアンダーラインが引いてあって、講師もそこをゆっくりめに話すので

話を聞きながら頭の中で何度も繰り返し、覚えようと心がけました。

90分の講習のあと、10分休憩し、いよいよテストです。

ブロンズクラスのテストは50問あり、選択式です。

選択はほとんどの問題が3択、一部2択の問題もありました。

講習の内容をしっかり聞いていればほとんどの問題はスラスラ解けます。

結果発表

試験終了後、その場で採点し合否発表があります。

ブロンズに合格すると、ワイン検定シルバークラスの受験資格が与えられますので、シルバークラス受験の日程などの説明がありました。

合格すると後日認定カードとバッジが届きます。

合格のための勉強方法

ワイン検定ブロンズは超ベーシックな内容の試験ですので、独学でも合格出来ます

次の3つが合格の秘訣です。

  • 送られてきたテキストをしっかり読み込む。
  • ワインの造り方ぶどう品種などを暗記する。
  • 試験当日の講習をメモを取りながらしっかり聞く。

普段からワインに触れ、知識を少しずつインプットしていくことも大切です。

ワインスクールアカデミーデュヴァン のStep-1という初心者向け講座を受講すると

しっかり知識が身について合格にむすびつきます。

不安な方はワインスクールで初心者向けのレッスンを受講するのもおすすめです。

アカデミーデュヴァンでは無料体験講座もおこなっています。

\ 3種類の高級ワインが飲める無料体験講座/

試験会場の講師の方も講習のいちばん始めに仰っていましたが

「学ぶとワインはもっと美味しく楽しくなる」

あなたのワインライフがステキなものになりますように!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2005年にシニアソムリエの資格を取得
現在もワインスクールに通いながら
ワイン初心者に向けた情報を発信しています。

コメント

コメントする

好きなところから読める目次
閉じる